FF2攻略

edit


ステータス説明と育成】 【熟練度説明と上げ方】 【育成方針

魔法防御の詳細と上げ方

概要

上限は16-99%。表記は「まほうぼうぎょ」。
魔法攻撃を受ける際のダメージや成功率に影響します。
FF2の魔法の概念は、熟練度の数値分、複数回の魔法効果があります。
例えば、熟練度5のサンダーを唱えた場合、熟練度1のサンダーを5回唱えたといった感じです。
そのうち何回のサンダーが当たるかが魔法防御です。

数値の意味は以下
左の数字:防御回数
右の数字:各魔法がヒットする確率

例:魔法防御が 5-50% の場合。
サンダー5を唱えられたら、5回分を各50%の確率で回避します。
サンダー10を唱えられた場合は、5回分を各50%の確率で回避し、残りの5回はダメージを受ける事になります。
この場合、厳密には敵の知性も影響しますが、イメージとしてはこんな感じです。

上げ方

  • 左の数字(回避しようとする回数)
    同士討ちでは上げる事ができません。
    敵に魔法攻撃のターゲットされた回数でポイントが上昇し100%になると1上がります。
    放置上げにて楽に上げる事ができます。
    • やり方
      1.魔法や特殊攻撃を使う敵とエンカウントします。
      ステータス状況によって、どの敵が良いかは異なります。楽勝かつ、逃げない敵が望ましいです。
      おすすめ「フィン城のモンス部屋など」
      2.敵を倒さないようなコマンドを選択します。
      同時に力を上げたい場合は、二盾流。魔法関係ならエスナやバーサクなど。
      3. を固定し放置。
      敵のMPが切れたら戦闘を終了させます。
      なお、この方法を行う際、ついでに精神知性などを同時に上げる事ができます。
      同時上げについては、それぞれの項目をご覧ください。
      魔法防御が低いうちは、全滅する可能性もありますので注意してください。

  • 右の数字(回避確率)
    防具でも上がりますが、体力と魔力を上げるのがよいです。
    体力魔力の上げ方はそれぞれの項目を参考にしてください。





Last-modified: 2012-02-16 (木) 21:59:06 (1800d)
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索   最終更新のRSS
無断転載を禁じます。引用はURLとサイト名の明記をお願いします。
© g-hat.